*

眼と首の関係② ~眼球運動~

公開日: : 未分類

各関節の機能性です。

 

 

y047.jpg

□で青色の部分が安定性、○で黄色の部分が可動性となり、首には安定性の機能が求められます。つまり眼を強く使う際には、首は安定していないといけません。

 

今回は眼球を鍛えるトレーニング「眼球運動」を少しだけ紹介したいと思います。

 


y048.jpg 

両目の中心部にターゲット(ボール)を配置します。これがスタートポジションです。

 


y049.jpg 

最初に動かす方向は上下左右の四方向になります。首(顎)を動かさずにターゲットを眼だけで追うことができるでしょうか?ターゲットをゆっくりと動かして眼球をジワジワ刺激するのがポイントです。

 

 

y050.jpg

ファアサイド・バックサイドの低い所や高い所、苦手なポジションでは首が動きやすい傾向がみられます。

 

そして眼球運動を行っている際の姿勢は・・・

 

 

y051.jpg

当然パワーポジションです。

スプリットステップで地面を強くプレス+その瞬間に眼球も強く使えれば反応速度の向上に繋がります。最後は全ての要素が繋がる。だからこそトレーニングは必要なのです。

 

スイングスピードを上げようとするあまり、首振り人形の様に首が振れる選手(代償運動)を多く見かけますが、首は安定性を担う関節であり視覚に関係している関節です。

 

特に低年齢では視覚からの情報が脳を刺激し、脳の発育に繋がってきますので代償運動を起こさせない指導(トレーニング・プラクティス)が大切です。

 

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

小浦猛志氏、山本修嗣に質問がある方は、icon:mailお問い合せフォームよりお気軽にご質問下さい。

みなさまのアプローチをお待ちしております。

小浦猛志 オフィシャルサイト
http://www.koura-takeshi.com/

PR

関連記事

no image

バルーンキッズ

11月5日(金)・6日(土)とバルーンキッズが開催されました。グラスコート佐賀テニスクラブhttp:

記事を読む

no image

それぞれの局面のタイプ

皆さん、先週木曜日に山本トレーナーが、元100m sprinter現クルム伊達選手のフィジカルトレー

記事を読む

no image

シーガイアテニスアカデミー

小浦コーチ塾2012に参加された皆様、お疲れ様でした。また、テニスに集中できる環境を提供して頂いた、

記事を読む

no image

頂いているご質問にお答え致します

【ご質問】今の伊達選手は昔と比べサービス(特にセカンドサーブが)が良くなっており、又フォアーハンドス

記事を読む

no image

プレゼントの当選発表

プレゼント企画に沢山のご応募ありがとうございました。お待たせ致しました。プレゼントの当選発表です。小

記事を読む

no image

ご質問への回答

ご質問を頂きました。「15歳位まで在籍していた、民間クラブの教え・・・」初期の指導がとても大事だと思

記事を読む

no image

宮崎シーガイア ジュニアキャンプ 2013

今年も開催が決定いたしました。期間:12月23〜29日まで(23日夕方集合 29日昼解散 宿泊は2

記事を読む

no image

コーチングと観客サービスで大忙しでした。

4月~5月中旬迄、ソフトテニス、車椅子テニス、テニスの合同イベント(ブルボンビーンズドーム)を皮切り

記事を読む

no image

小浦塾 振り込み先

小浦塾にお申し込みされた方へ小浦塾費用の振り込み先は下記口座へよろしくお願い致します。参加費:50,

記事を読む

no image

映画 42 〜世界を変えた男〜

先週ゴールデンウィークは、岐阜カンガルーカップ 今年から$75,000- イッキにレベルアップ

記事を読む

PR

PR

小浦塾 宮崎シーガイア ウインタージュニア キャンプ 2018(9/24更新)

9/24 更新 おかげさまで冬の小浦塾定員に達しました。ありがと

お詫びと訂正

出版物につきまして、下記の訂正がございます。ご迷惑をおかけいたしました

小浦猛志の書籍について

このたび、小浦猛志が「華麗なる 技千変万化の術 第一部」という本を出版

【満員御礼】小浦塾 宮崎シーガイア サマージュニア キャンプ 2018

お陰様で定員に達したため受付を終了いたしました。 コーチのみはま

小浦塾 宮崎 シーガイア ウインタージュニア キャンプ 2017

小浦塾 宮崎 シーガイア ウインタージュニア キャンプ 2017

→もっと見る

PAGE TOP ↑