*

さて、ファイナルセット

2シングルス、1ダブルスで争うチームマッチ。全国高校団体戦と同じ。違うのは、単復試合が可能(同じ選手)。

今回の最強豪チーム 対ベラルーシ。第一試合は、誰もが破れ、
170位の吉田選手が失うモノ無しと果敢に挑み、4−6、7−5と30位のバルバンシコワをタタキ潰すチャンス到来。すでに1時間半を超えていた。ファイナルセットは、ノータイブレイク ロングセット。

作戦は、”相手のフォアーを潰す”。

あとはメンタル勝負。相手も必死!! ここでベンチワークは、メンタルとフィジカル一気にたたける相手ではない。強烈な打合い、ラリーが予想される。

どんなメンタルが必要か?

答えは、”大ゲンカ”怒りが必要と判断。

どんな状況でも目の前のワンポイント、”サーブどうする””リターン何をする”0−40でも40−0でもワンポイントへの作戦と怒りを確認しプレーに入れ、先の結果に入るなとアドバイス。

ファイナルの始まりで決まる。インターバル90秒の(その当時)60秒が過ぎた時、主審が”Time”とコール。立ちかける吉田選手に私は、”立つな!!”とどなった。”エッ!!”と言う吉田選手。”本気でケンカする怒りは有るか? なかったら勝負にならない!! その気になるまで時間が来たからって立つな!! “ 主審が “15second” とコール。

短いが長く感じられた

ついに、1分30秒の時間が過ぎて、” Japan Delay to the game warning”と来た瞬間、彼女はタオルをベンチにタタキつけてコートへ、戦場へ向かった。

その眼は、彼女の決意に光っていた。延々のサーブキープ、両者は勝負を超えた”無心にボールを追いボールと戦う、時間は共有した”一言のアドバイスも両ベンチ共出来ない。
水とタオルとホットクリームで脚のマッサージ、隣のベンチも同じ。それから2時間を過ぎ、吉田サーブの9−10、30−30オールで事が起きた。

1枚の大きな葉が吉田のバックコーナー付近でラリー中に落下。相手のボールがその葉にふれて空振り、0.1秒の明暗だった。

彼女は何が起きたかわからなかったが、イージーボールの空振りは今迄の超集中力を失い、バルバンシコワに百倍の勇気を与えた。

3時間50分の死闘でたった1本のマッチポイントでゲームセット。

ボールへの怒り戦いは私流の”集中力”。

練習で彼女はやっているから試合で出来る、吉田選手は一時世界ランク50位まで上がり、グランドスラム常連であったが、その後ランキングを落とし長くスランプにあったが、この一戦で敗戦とは言え多くを学び、それから一年、ウインブルドンで予選を勝抜き、再びグランドスラムに姿を現し、挫折を乗り越え、29歳迄長い長い現役生活を続け、引退後大学に進学。30歳にしてピッカピッカの大学生となり、環境学を専攻し、見事卒業。

今、セカンドキャリアは、テニスを指導のかたわら、地球環境問題に取り組んでいる。

ボールと戦い続けたテニスプレー魂を今、病める自然環境へとうにゅう。ジュニア卒業後、プロ生活に入り、テニス、テニスに明け暮れ、旅から旅のツアー生活を終え、人生に忘れ物をしない様、20代後半から大学へ行き、勉強をした選手達は沢山おられる。

若年でプロ転向が目立つ昨今。ジュニア達よ、ラケットは一生の友であるが、競技生活は一生の一部。時が来たら生涯教育も大切を忘れない様に。又、昨今の超高速テニス、生き残るには練習だけではダメ。アスリートとして、スポーツに感性に知識を深め、知識をしぼらないと夢は夢のままに時間が過ぎる。10年を超えるテニスプレーヤーとしての歴史を大切に、来シーズンに期待を

世界中、どこに行ってもテニスコートのキャンパス(画版)は同じコートサーフェイスで描く絵が変わる。次回は、コートのキャンパスにもどんな個性的絵画を描くか?をお送りします。


小浦猛志、山本修嗣さんに質問がある方は、icon:mailお問い合せ
フォーム
よりお気軽にご質問下さい。

みなさまのアプローチをお待ちしております。

小浦猛志 オフィシャルサイト
http://www.koura-takeshi.com/

PR

関連記事

no image

明けましておめでとうございます

2013オーストラリアオープンが間もなく開幕。男女共、大混戦の南半球の戦い。私は今年も、ミラクルレデ

記事を読む

no image

石川県の旅2011

小浦先生との週末の石川県への旅はスリリング。   電車・高速道路・飛行機の交通機関が全て機能しなくな

記事を読む

no image

テクニック ショットの見方 考え方

さて、今週からは小浦流テニスの見方、考え方コーナーといきます。グランドストローク、ネットプレー、サー

記事を読む

春間近の北海道

春間近の北海道、和寒ジュニアキャンプ〓稚内まで200キロ、最北端のジュニア達は、5月のシーズン開幕に

記事を読む

no image

小浦塾 残り4名

宮崎シーガイア ジュニアキャンプ 2013は、残り4名となりました。参加者は年令、戦績、性別を記入の

記事を読む

no image

“1%もあきらめない”クルム伊達選手の言葉 こんな局面で

ブログを2週間休みすいませんでした。クルム伊達選手に帯同し、ソウル、東京、北京、大阪と9月13日〜1

記事を読む

no image

アンパイアシート

パリのレッドクレーに熱風が吹き荒れるグランドスラム ローラン ギャロこれからが面白い皆さん、TV画面

記事を読む

お詫びと訂正

出版物につきまして、下記の訂正がございます。ご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。

記事を読む

no image

青空

青空、紺碧の海、浅地、紺地の我が国ウチナーとうたわれる沖縄。例年、北の大地がテニスツアーの始まりでし

記事を読む

no image

シーガイアテニスアカデミー

小浦コーチ塾2012に参加された皆様、お疲れ様でした。また、テニスに集中できる環境を提供して頂いた、

記事を読む

PR

PR

no image
質問へのご回答(1)

【ご質問内容】 小浦先生の華麗なる技を購入し拝読させて頂きまし

小浦塾 宮崎シーガイア ウインタージュニア キャンプ 2018(9/24更新)

9/24 更新 おかげさまで冬の小浦塾定員に達しました。ありがと

お詫びと訂正

出版物につきまして、下記の訂正がございます。ご迷惑をおかけいたしました

小浦猛志の書籍について

このたび、小浦猛志が「華麗なる 技千変万化の術 第一部」という本を出版

【満員御礼】小浦塾 宮崎シーガイア サマージュニア キャンプ 2018

お陰様で定員に達したため受付を終了いたしました。 コーチのみはま

→もっと見る

PAGE TOP ↑