眼に宿されし力

今日、人類がここまで文明を築けたのは脳の発達のおかげであると断定できます。

 

そして、偉大なる脳と関わりの深い神経があります。それは眼球を支配する神経。

 

感覚・運動に関係する神経のほとんどは脊髄と繋がっていますが、直接脳と繋がっている神経が12個あります。

 

嗅覚、聴覚や顔面の感覚、舌の動きや首の動き臓器(肺など)の働きなどがありますが、それぞれの感覚や働きに対して、1個の神経がそれを支配し、役割を果たしています。

 

しかし眼球に対する支配神経は4つにもなります。1つの神経だけでも生きるうえで大切な役割を果たすのに、眼球だけは神経を4つも使っています。

 

 

 


y043.JPG

スポーツをするうえで最も大切な感覚は視覚。ではどのような場面、どのような姿勢をとれば眼球の力を最大限に引き出せるのでしょうか?

次回に続きます。。。

 


小浦猛志氏、山本修嗣に質問がある方は、icon:mailお問い合せフォームよりお気軽にご質問下さい。

みなさまのアプローチをお待ちしております。

小浦猛志 オフィシャルサイト
http://www.koura-takeshi.com/