*

10000時間の価値②

公開日: : 未分類

スポーツ選手には2種類のタイプがあります。

 

・ひたすらに自分のやっている競技だけに集中するタイプ。

・多方面から得た知識や経験を自分の競技に刺激として落とし込めるタイプ。

前者をI字型、後者をT字型と呼びます。


例としてテニスの練習時間が3時間あった場合、I字型はプラクティスに3時間。

T字型はウォーミングアップ、プラクティス、トレーニング、クーリングダウンに3時間。

 

ではどちらの型が、早い年齢から結果が出やすいでしょうか?当然物事の習熟目安となる10000時間に早く近づけるI字型でしょう。

ですがコンディショニング・体作り・動き作りをしている選手と、していない選手では同じ時間の消費でも【質】が全く違ってきます。ブレイクスルーを呼び込める選手を育てるには、質の高い10000時間を経験させるのが重要です。

 

またトレーニング以外の点では、テニス以外の分野に興味を持たせることが大切です。他競技やスポーツ以外の分野。音楽、料理や読書など感性を刺激する分野。

 

テニスからしか刺激や気力を得られない選手は、壁にぶつかった時にそれを突破できずに伸び悩む。多方面から刺激を受け、感性が豊かな選手こそが真のアスリートと呼べるでしょう。

 

特にゴールデンエイジは脳が活発化する時期なので、球数を打つことも大切ですがテニス以外の分野も体験させたいものです。

 

y099.jpg

何事にもチャレンジ!

Twitterボタン
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
――――――

小浦猛志氏、山本修嗣に質問がある方は、icon:mailお問い合せフォームよりお気軽にご質問下さい。

みなさまのアプローチをお待ちしております。

小浦猛志 オフィシャルサイト
http://www.koura-takeshi.com

PR

関連記事

no image

シーズン中のトレーニング

v\:* {behavior:url(#default#VML);} o\:* {behavio

記事を読む

no image

明けましておめでとうございます

2013オーストラリアオープンが間もなく開幕。男女共、大混戦の南半球の戦い。私は今年も、ミラクルレデ

記事を読む

no image

私流テニス戦術分析

テニスでは、よくこんな言葉が有ります。基本練習、応用練習、パターン練習、練習試合等々、何故こんなに区

記事を読む

no image

フェデラー 対 ファージャ

ご質問を頂きました。Q; ウィンブルドンが始まり、オープニングマッチではノーシードのファージャ選手が

記事を読む

no image

現状打破

v\:* {behavior:url(#default#VML);} o\:* {behavio

記事を読む

no image

2011年スタート!

みなさま、明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いします。   さて、2011年のスタート

記事を読む

no image

新潟日報に掲載されました

小浦猛志、山本修嗣さんに質問がある方は、お問い合せ フォームよりお気軽にご質問下さい。山本修嗣さんの

記事を読む

no image

見えますか? ~局面の切り替わり~

加速→減速から続く次への運動局面。撮っていると思っていても意外と撮ってないものです。ふさわしいネタと

記事を読む

no image

切り返し局面~拇趾球ツイスト~

 先週の解説になります。   ↓それぞれの局面が見えましたか?  

記事を読む

no image

ご質問への回答

ご質問内容近年、小学生にオープンスタンス主流で指導しているコーチが多いですが、成長期の子供の体に負担

記事を読む

PR

PR

小浦塾 宮崎シーガイア ウインタージュニア キャンプ 2018(9/24更新)

9/24 更新 おかげさまで冬の小浦塾定員に達しました。ありがと

お詫びと訂正

出版物につきまして、下記の訂正がございます。ご迷惑をおかけいたしました

小浦猛志の書籍について

このたび、小浦猛志が「華麗なる 技千変万化の術 第一部」という本を出版

【満員御礼】小浦塾 宮崎シーガイア サマージュニア キャンプ 2018

お陰様で定員に達したため受付を終了いたしました。 コーチのみはま

小浦塾 宮崎 シーガイア ウインタージュニア キャンプ 2017

小浦塾 宮崎 シーガイア ウインタージュニア キャンプ 2017

→もっと見る

PAGE TOP ↑