*

夏の陣 沖縄インターハイ 全日本Jrが終り!!

選手、監督、指導者の皆さん、本当にお疲れ様でした。

特に沖縄インターハイ、日本テニス最古の戦場第100回記念大会の開催は大変でしたと感謝申し上げます。又、連続してある大阪の全日本Jrへの移動は、A.T.P–W.T.A並の真夏のツアー、ゆっくり休養を!

テニスファンの皆様、ご存知でしたか?全国高校テニス選手権(個人戦)は、1908年大阪は浜寺と言う所で、産声をあげ、戦争で2回の中断があり、今年で満100周年。高校総体全種目中、最古の歴史を誇ります。

まだ有ります。1908年インターハイスタートの12年後、世界をゆるがすニュースは、1920年アントワープ五輪でニッポンテニスは、五輪史上初銀メダルをシングルス、ダブルスで獲得。続く1921年には聖地ウインブルドン決勝進出、デ杯初出場、強国オーストラリアを破り決勝進出、アメリカに敗退。世界中のメディアの注目された劇的な始まりでした。

間もなく日本テニス協会も100周年を迎えますが、この偉大なる先人、熊谷、清水、柏尾、原田、太田、大先輩の血は今も脈々と受け継がれています。
テニスファンの皆様、これからも偉大なる歴史の恩恵に授かり、生涯テニスに勤しんで下さい(笑)

さて、本題。初春から真夏の陣まで選手、コーチの皆さんは、ハードスケジュールの中、沢山の試合をこなし、観てこられ、勝敗の結果、成果に各々悲喜交々の思いがある事でしょう。

テニスは、昨今沢山の試合が有り、シーズンオフ、プレシーズン、シーズン等メリハリの無い競技生活を送ってしまいます。Topになればなる程、日本中、世界中をツアー  ツアーで駆け巡る事が優先されますが、”愚の骨頂”です。

休養中に選手は伸びる、手かりが過去の歴史に注目。本当の原因を追求。

春からの半年間、最小でも10set 多ければ100set以上をこなすシーズン。選手達は、最短でも30分、長ければ3時間の熱戦の時間という歴史を刻む。

本人は勿論の事、指導者も日々の練習の全てが表現される1set One matchのゲームの歴史が、次シーズンへの課題。

“前進アルのみ”も良いが、試合過多ポイントランキングへの迷走は、前途した様に”トラウマ”の育成につながり、必ず乗り越えられない壁を造る。

低年齢ジュニア時代、あれだけ活躍した選手が、大人になりプロ一般学生で”何故勝てない”と歴史が繰り返されるのは、いつの時代も世界中にある事です。

今、どのスポーツでも潜在能力、コーディネーション等心身の能力が叫ばれているが、私流に言うとこれらの能力は、後天性のモノ。”トンビがタカを生む”のたとえで遺伝はない。”カエルの子はカエル”は、二世選手が沢山いる。

試合を沢山こなし結果を求めても、練習現場で新しい技や戦術を教えても、”選手は試合でなかなか実行出来ない”。当り前。

“勝ちたい一心の選手に求める方が悪い”その結果、選手は自分の好きなプレーを実行、サーブポジションを50cm変えれない、いつも同じ場所でレシーブ、こんな簡単な事が出来ない。4−4allの局面で、30−30で、ゲームポイントでせり合いになればなる程に同じ繰り返し、嘆き節が蔓延!! 

じゃーどうすれば改善される。練習は、技と術の”コーディネーション”、神経回路の構築です。

皆さん、マッチコーディネーション(私語)を言う言葉に何か気付きがありますか。確かにゲームセンスと言う能力、感性は低年齢で急速に開発されますが、結果を求めて若年層に試合をさせ過ぎると、身体能力や心理(メンタル)にかたよりが出来ます。ジュニア時代の試合は、最高の練習です。
0−6大敗は大敗のショック、6−0の大勝は楽勝、各々のインパクトが。6−7又は7−6の競り合いは、強烈なインパクトが心身の神経に残ります。

例えばこんな話しを耳にします。”新しい技と術を練習したので、ワンランク上の試合でトライさせます”って!! 背伸びはSTOP、ライバル(目の前)や同レベル又は格下でやらせる事が重要です。何故”敗けれない相手としない””敗けを恐れてどうする”気が付かないのが過保護!!

私が取った最高(自慢話しゴメン)の育成戦略は、”この試合は今日で終り。”

ある選手が初陣”全日本テニス選手権”なんと予選を勝抜き、アレヨアレヨで準決勝。明日はいよいよ有明のセンターコート。誰もが期待するのは当り前。勿論、私もです。

が!! 準々決勝後の対戦相手対策を照明練習時に選手の異変に気が付き、”明日の試合はもういい、敗けてもいいからフットフォールトだけ注意しよう。その練習をセンターコートで!! “
“サーブミスとレシーブミスは観客に失礼、面白くないから気を付けて、全日本や名だたるグランドスラムは将来幾らでもチャンス有るよ”その後、見事にフットフォールトは影をひそめ、ビッグプレーヤーに。
本当にやめて次に期待する選手はもっと凄い。皆さん、ビックイベントで、どんな学び方をします?

クールに観戦する事も大切です。この機会にこの半年のトータルゲーム数、取得何ゲーム、落としたゲーム何ゲーム等、勝ゲームVS敗ゲームの単純な比較をパーセンテージ、又私のブログの5月頃にトータルポイント、審判のジャッジペーパーから学ぶを参考に、来シーズンに向け活動開始です。
“まだ終わらない。始まりは、気付きから”グッドラック。

次回は、又フェドカップ。火事場から学ぶを紹介します。

小浦猛志、山本修嗣さんに質問がある方は、icon:mailお問
い合せ
フォーム
よりお気軽にご質問下さい。

現在頂いているご質問は、順次返答させて頂きます。

みなさまのアプローチをお待ちしております。

小浦猛志 オフィシャルサイト
http://www.koura-takeshi.com/

PR

関連記事

no image

ご質問へのご回答

【ご質問内容】感覚がつかめず悩んでいることがあります。ショートラリーでは回転量を調整したりしてボール

記事を読む

宮崎シーガイア ジュニアキャンプ内容

8月24日 午後7:00 現地集合(夕食済ませ) 集合場所 ラグゼ 一ツ葉 宮崎空港からバ

記事を読む

no image

先人から学ぶ

今日、7月28日は沖縄高校総体開会式。全国高校テニス選手権 第100回記念大会は、明日新たなる100

記事を読む

no image

減速局面 ~ブロック動作~

前回からの続きになります。     まずはおさらいです。 片脚パワーポジションで姿勢を作り、地

記事を読む

no image

スマッシュ

テニスの難しさが思い知らされれば、知らされる程とりこになる魔性のスポーツ、テニス!!数あるショットの

記事を読む

サマージュニア キャンプ 2015 募集終了

宮崎シーガイア サマージュニア キャンプ 2015は、募集が定員に達しましたので、募集を締め切らせて

記事を読む

no image

新潟日報に掲載されました

小浦猛志、山本修嗣さんに質問がある方は、お問い合せ フォームよりお気軽にご質問下さい。山本修嗣さんの

記事を読む

no image

1%の確立

戦術を語る時、私は色々な事を考えます。シングルスでもダブルスでも、どうしたらその人の実力が発揮出来よ

記事を読む

no image

フェドカップ”コートのベンチで危険なデート”

皆さん、フェドカップをご存知ですか。男子のデ杯、女子のフェドカップは、ナショナルチーム国別対抗戦です

記事を読む

no image

眼に宿されし力

今日、人類がここまで文明を築けたのは脳の発達のおかげであると断定できます。   そして、偉

記事を読む

PR

PR

小浦塾 宮崎シーガイア サマージュニア キャンプ 2017

名称  :小浦塾 宮崎シーガイア サマージュニア キャンプ 場所  

小浦塾 宮崎シーガイア ウインタージュニア キャンプ 2016【満員】

定員に達したため、現在受付はしておりません。 コーチのみの参加はまだ

小浦塾 宮崎シーガイア サマージュニア キャンプ2016

名称:小浦塾 宮崎シーガイア サマージュニア キャンプ 場所:シーガ

小浦塾 ウインターキャンプ 2015【キャンセル待ち】

現在、定員に達したためキャンセル待ちとなっております。 キャンプ

サマージュニア キャンプ 2015 募集終了

宮崎シーガイア サマージュニア キャンプ 2015は、募集が定員に達し

→もっと見る

PAGE TOP ↑