*

ゴールデンエイジ 第二章

公開日: : 未分類

ホームコーチの偉大さ。

ホームコーチは(初めてスポーツをはじめ他の事を指導する人達)は、日本中に星の数程おられます。又、これらの指導者におそわる生徒は、ジュニアだけでも何百何千億の人口です。

でも、皆がチャンピオンにはなれませんが、誰もがチャンスを持っています。前途のゴールデンエイジ期の過ごし方でチャンスの芽が広がります。

心理的、神経的に劇的に成長する時期に、スポーツを沢山楽しむと、それらの動きが神経を刺激し、神経に浸透し一つの動きを作って行きます。

走る、跳ぶ、投げる、蹴る、打つ等々の沢山のスポーツを楽しむ事により眼と体の供応性、眼と手足の協調性をタイミングよくリズミカルにバランス良く、莫大な数の神経に構築して行きます。

子供といえども、五体神経等人間の体は、大人と同じですが、違うのは神経、筋、骨格のボディーは有っても動かす手法、神経は未開発、ホームコーチは単一スポーツのフォームを中心に指導したら、体は一方通行、12歳〜14歳位迄はテニスばかりやった方が、すぐに強くなりますが、同じゴールデンエイジ期に他のスポーツや動きつくりを真剣に楽しんだライバル達に16歳位で追いつかれ18歳頃には追い越された例は、過去に数え切れない。

ご存知のクルム伊達、浅越等は、ジュニア期は18歳になって初めてチャンピオンになりました。周囲は大変な素質、タレント性を持った選手。将来有望とさわぎました。ハッキリ言います。何を基準に将来有望かを聞きたかったです。

彼女達は、ゴールデンエイジ期に成績、結果はあるに超した事はないが、それより大事な五体を自在にあやつれるトレーニング(他スポーツ)をやっていたんです。

運動能力、センスは生まれ持った才能では有りません。指導者が「ゴールデンエイジ期」におしえてやる事で、花が実が開発出来るのです。

植物の成長にたとえると、

1、    地中に種をまき、水、肥料をあたえます。又、多分、種まきは時期も計算されるでしょう。

2、    季節に応じて、芽をふきます。水、肥料をあたえます。

3、    幹が発育、葉がつきます。水、肥料をあたえます。

4、    花がさく頃にも、水、肥料をあたえます。

5、    実がなる頃にも、水、肥料をあたえます。

6、    実が大きく、甘味等の成熟へ。水、肥料をあたえます。

こんな過程、皆さんはどんな肥料を与えますか。芽がふき成長の頃、花が咲き、実がなる頃、成熟を迎えた頃の肥料と種類は全部違うでしょう。

水分は、共通です。人間の成長過程も同じです。発育期にあわせたトレーニングが最重要で、子供にとって好結果は、次の試合のビックプレッシャー、切替えと捨てさせる事が、成長につながります。

一例としては、クルム伊達が17歳の初出場、全日本選手権、Best4の試合を本人と話し合い、「全日本はテニスをやっている限り有る。今回はあきらめよう。それが今の心身の実力レベル」とあきらめました。撤退も大事です。

さて、ゴールデンエイジのまとめです。

人間の成長を植物に例えました。おわかり頂けたでしょうか。スポーツは、人間の成長過程の有機的な肥料です。皆さんも、又子供達にもテニスの面白さ、大切さを伝えて下さい。「トンビはタカを生む」環境作りは、ゴールデンエイジ次世代へ、恩恵を与える大人の仕事です。


icon:sparklingicon:sparklingicon:sparklingプレゼントのお知らせicon:sparklingicon:sparklingicon:sparkling

小浦猛志公式サイトより読者の皆様へプレゼント

1、クルム伊達公子選手 2010年10月 北京オープン参加記念額 本人サイン入り
2、1998年NHK趣味悠々 テニスレッスン書 松岡修造

詳しくはコチラをご覧下さい

小浦猛志、山本修嗣さんに質問がある方は、icon:mailお問い合せ
フォーム
よりお気軽にご質問下さい。

みなさまのアプローチをお待ちしております。

小浦猛志 オフィシャルサイト
http://www.koura-takeshi.com/

PR

関連記事

no image

素材を工夫する

Normal 0 0 2 false false false EN-US JA X-N

記事を読む

no image

北の大地旭川から

今年で16年、Play&Stay親子教室旭川市教委、体協 テニス協会ジュニア部共催が100人

記事を読む

no image

前額面における機能

申し訳ありません、更新が1日遅れました。   引き続き面について考えます。今回は前額面です。 この面

記事を読む

no image

コーチングと観客サービスで大忙しでした。

4月~5月中旬迄、ソフトテニス、車椅子テニス、テニスの合同イベント(ブルボンビーンズドーム)を皮切り

記事を読む

no image

明けましておめでとうございます

2013オーストラリアオープンが間もなく開幕。男女共、大混戦の南半球の戦い。私は今年も、ミラクルレデ

記事を読む

no image

スポーツ選手”背中が大きくみえる”

ご質問を頂きました。Q:テレビ観戦。腕の動きに注視してみるとありますが、教えてください。サッカーで腕

記事を読む

no image

さて、ファイナルセット

2シングルス、1ダブルスで争うチームマッチ。全国高校団体戦と同じ。違うのは、単復試合が可能(同じ選手

記事を読む

no image

1%の確立

戦術を語る時、私は色々な事を考えます。シングルスでもダブルスでも、どうしたらその人の実力が発揮出来よ

記事を読む

no image

小浦塾 残り4名

宮崎シーガイア ジュニアキャンプ 2013は、残り4名となりました。参加者は年令、戦績、性別を記入の

記事を読む

no image

新コーナーのお知らせ

月曜日から小浦先生のブログ連載が再開されます。そこで新しい試みとして、小浦先生からブログ読者の皆様へ

記事を読む

PR

PR

小浦塾 宮崎シーガイア ウインタージュニア キャンプ 2018(9/24更新)

9/24 更新 おかげさまで冬の小浦塾定員に達しました。ありがと

お詫びと訂正

出版物につきまして、下記の訂正がございます。ご迷惑をおかけいたしました

小浦猛志の書籍について

このたび、小浦猛志が「華麗なる 技千変万化の術 第一部」という本を出版

【満員御礼】小浦塾 宮崎シーガイア サマージュニア キャンプ 2018

お陰様で定員に達したため受付を終了いたしました。 コーチのみはま

小浦塾 宮崎 シーガイア ウインタージュニア キャンプ 2017

小浦塾 宮崎 シーガイア ウインタージュニア キャンプ 2017

→もっと見る

PAGE TOP ↑