*

フェドカップ”コートのベンチで危険なデート”

皆さん、フェドカップをご存知ですか。
男子のデ杯、女子のフェドカップは、ナショナルチーム国別対抗戦です。
毎年100数カ国が参戦し、国の誇りをかけ戦います。是非、応援して下さい。詳しくは、J.T.Aホームページで。

1997〜2004(01〜02を除く)6年間監督をつとめ、世界をかけ巡りましたが、神経がすりへり頭髪が白くなりました。テニスで唯一、試合中にベンチコーチが出来る試合です。
通常、試合中は選手へのコーチングはダメで、客席から一喜一憂し観戦しますが、”フェド、デ杯”だけは、監督も戦場の最前線ベンチで、状況判断し現場指揮に当ります。

拮抗する戦いの流れを読み、一瞬のスキをツキ、悪魔の如く繊細にツケ込み、天使の如く大胆に選手を舞わせる!!こんなうまい事いけば楽しいデートですが、私の経験ではありえない。

アドバイスの時と内容が選手と食い違うと、デートは一瞬でパー。超危険で果てしなく長いデートです。1997 対フランス戦がデビュー、長い長い長い2日間のデビュー。

初日、2つのシングルスの激戦を落とし(内一つは、マッチポイントが有りました日本に)日本対フランス 0−2、翌2日目は、第一試合3時間50分を日本 杉山がピアスに勝ち、続く第二試合 沢松vsトージア、4時間7分をトージアに持っていかれ日本敗退(沢松に2本のマッチポイント有り)この戦いに勝ったフランスは、その年のフェドカップで優勝 世界No1。

負けた日本に残った記録は、フェドカップ史上最長時間(今も)だけ。
3試合にマッチポイントを握り、一つしか勝てなかった日本、しかもホームで、おまけに相手はその年の世界No1の歴史を刻む。”敗戦の兵 将を語らず”のデートでした。

監督のベンチワーク一つで選手が舞い時には歌わず、言葉で表現出来ない負と正の資産というエネルギーを過酷な戦場から、選手から、スタッフから頂きました。”試合に勝って、勝負に負ける”この一敗が莫大な負の資産が、今もエネルギーとなり、コーチの職を続けさせてくれています。

さて、この試合である選手が、長い長い長い試合の最中、チェンジエンドのベンチで、悲痛な思いで叫びました。”監督、もうダメ、もうきつい、集中力が切れそう!! 作戦、作戦は?!”でした。

延々と続くサーブキープ状態、両国監督共、ある集中ゾーンに入った選手に手が出せない状況でした。相手監督は、元フレンチチャンピオン ヤニック・ノア、前年のデ杯No1監督、経験豊富な彼すら手が出せなかった。

その時の悲痛な一言、選手にどう答えるべきか、時間はたったの90秒、私が言ったアドバイスは、”秘策は今は使えない。負けたら俺が責任を取る、貴女の責任はベストを尽くし、ボールと戦う事だ。”集中力を途切らさない事しか戦術になかった。

“負けたかったら負けてもいいよ”とケシかけたら、彼女は一瞬で私の腹を見透かし、ベンチにタオルをたたきつけ、負けじ魂大爆発、超集中ゾーンで戦場に向かった。

時は過ぎ、強烈かつ悲壮な戦いは、ニッポンリードで9−8に、私は勝負の時が来たと思い、”この作戦は1回しか使えない。相手はずっとサーブダッシュ戦法だから、レシーブをセンター ボディへ持って行き、絶対パス出来るボールは、ロブを使え”ワイドにサイドにリターンをやめさせ、センターセオリーを使った。なんと見事に当り、15−40のマッチポイント。大観衆の声で、ベンチサイドで”そのままで行けの声が選手に届かない”

次の2ポイントは、”エッとビックリ”作戦を忘れて、サイドワイドに勝負に出てミス!!これ程の選手でも、マッチポイントの現実に魔性のポイントに負けるのか、今迄の超集中ゾーンから現実にひきもどされるのか、その瞬間マッチはイーブンに、もう運を天にまかせるより無し。

でもさすが沢松であったのは、マッチポイントを落としたのにもかかわらず、気落ちする事なく、長時間の時は過ぎ、17−15でトージアに運が行ってしまった。

その前の杉山vsピアース戦、杉山もセカンド5−3リードのマッチポイントを落とし、追いつかれて1セットオール、これも気落ちする事なくファイナルセットでたたきつぶした。

両選手共、共通している所は、”限りなくボールと戦い、常に自分と戦う事を基本としている”そして、自分の技以上の戦術は使わない。

一発で大量得点につながらないテニス。サッカーの1点とは比較出来ないボールゲーム。蝶のように舞い蜂のように刺す、コートの華達のビックプレーは、地道な練習の成果(華)と言える。フェド緒戦敗戦から学ぶ。

文中、時々人名が出てきます。生々しい事を書きますが、お許しを願います。次回も、体験、経験から学んだ事が出てきます。

小浦猛志、山本修嗣さんに質問がある方は、icon:mailお問
い合せ
フォーム
よりお気軽にご質問下さい。

みなさまのアプローチをお待ちしております。

小浦猛志 オフィシャルサイト
http://www.koura-takeshi.com/

PR

関連記事

no image

掲載が遅れすみません。

佐賀4日間の低年齢キャンプで"スピード、質の高いボールを打つ"をテーマに山本トレーナーと仕事をしまし

記事を読む

no image

スポーツ選手”背中が大きくみえる”

ご質問を頂きました。Q:テレビ観戦。腕の動きに注視してみるとありますが、教えてください。サッカーで腕

記事を読む

宮崎シーガイア ジュニアキャンプ内容

8月24日 午後7:00 現地集合(夕食済ませ) 集合場所 ラグゼ 一ツ葉 宮崎空港からバ

記事を読む

no image

コーチトレーナーから学ぶ

テニスのコーチは、選手という生き物を扱う。テイクバック、インパクト、フォロースルー、形にとらわれすぎ

記事を読む

no image

1%の確立

戦術を語る時、私は色々な事を考えます。シングルスでもダブルスでも、どうしたらその人の実力が発揮出来よ

記事を読む

no image

合宿に参加される方へ

宮崎キャンプ 小浦塾2013に参加される方に向けて(申し込み代表者へ)、合宿のご案内を送付させて頂き

記事を読む

no image

ゴールデンエイジ 第二章

ホームコーチの偉大さ。ホームコーチは(初めてスポーツをはじめ他の事を指導する人達)は、日本中に星の数

記事を読む

no image

小浦コーチ塾2012 日程について

宮崎 シーガイア テニスアカデミー で開催予定の小浦コーチ塾2012検討している日程に変更が出ました

記事を読む

no image

試合の見方、考え方

私のブログが始まったのは、標題の質問を頂いてからです。以前にこんな事を書きました。ミルという字は幾つ

記事を読む

no image

ウインブルドンを観て

ウインブルドンを観て、"原点はフットワーク、ショットはヘビーアンダースピン"。この何週間、完全に寝不

記事を読む

PR

PR

no image
質問へのご回答(1)

【ご質問内容】 小浦先生の華麗なる技を購入し拝読させて頂きまし

小浦塾 宮崎シーガイア ウインタージュニア キャンプ 2018(9/24更新)

9/24 更新 おかげさまで冬の小浦塾定員に達しました。ありがと

お詫びと訂正

出版物につきまして、下記の訂正がございます。ご迷惑をおかけいたしました

小浦猛志の書籍について

このたび、小浦猛志が「華麗なる 技千変万化の術 第一部」という本を出版

【満員御礼】小浦塾 宮崎シーガイア サマージュニア キャンプ 2018

お陰様で定員に達したため受付を終了いたしました。 コーチのみはま

→もっと見る

PAGE TOP ↑