3つの面と機能

人体を解剖学的に観た時に、3つの面というものが存在します。

 

 


y052.jpg


矢状面:人体を左右に分ける縦の面

 


y053.png


前額面:人体を前後に分ける横の面

 


y054.jpg


水平面:床に対して平行な水平の面

 

 

この3つの面を運動方向に見立てて動作を考えます。

 

面の動きに対して、それぞれ見た目が違います。

 

普通に歩く走る動作は矢状面の方向、ラケットのスイング動作は水平面の方向など。ですが運動方向、面は違っても体の中は同じ動きorほぼ同じ動きをしています。

 

しかし、矢状面では使えていた機能が、水平面になった途端に使えなくなっている選手がいるのでは?最近はそんな事を考えています。

 

結局のところは肩甲骨―骨盤リズムに結び付けたいだけですが。。。

 

来週はトレーニング動作から面と機能を考えたいと思います。

 

  

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

小浦猛志氏、山本修嗣に質問がある方は、icon:mailお問い合せフォームよりお気軽にご質問下さい。

みなさまのアプローチをお待ちしております。

小浦猛志 オフィシャルサイト
http://www.koura-takeshi.com/