*

フェデラー 対 ファージャ

ご質問を頂きました。

Q; ウィンブルドンが始まり、オープニングマッチではノーシードのファージャ選手がNO・1シードのフェデラー選手に、第3セット目、第4セット目にチャンスがあったと思われますが、ファージャ選手に何が起きたのか、また、なぜフェデラー選手はあそこまで押されてしまったのか、小浦先生はどう見ていましたか?

A; 小浦猛志より返答

聖地ウインブルドンにふさわしい血が騒ぐ、オープニングマッチであった。

紙面では、フェデラーの不振や限界説等にもおよんでいたが、私はそうかな?と思う。

他スポーツも同様、Topになればなるほど、年間スケジュールは厳しく、過酷なツアーが続く。

特に個人スポーツは、もっときびしい。中でも、テニスが最も過酷であろう。

それは、ホーム開催は個人戦では、無しが条件で旅から旅をしいられる。

ウィンブルドンでのフェデラー vs ファージャ戦を、一点一試合のみ見たら、

“どうしたフェデラー”、”ファージャは強烈なサーブ” になってしまうでしょう。

確かにあの一戦のファージャは自分の全てを出し切り、試合の主導権を握り、センターコートを我庭と走りまわった。対するフェデラーは、耐えに耐え、

王者の誇りと尽きない忍耐力で、勝負を手中にした。全てにうわまわったファージャであったが、

“試合に勝ち、勝負に負けた。” その原因は、ファージャが取ったセットは、最高の調子と勢いがフェデラーの計算を上回っていたが、一方、苦戦のフェデラーが取った戦術は、”相手のサーブ力に対する罠”とみた。

事前情報をもとに、ゲームが先行する中で、相手の癖と確率を読み、ビックポイントで相手にサーブを打たせる”罠”をレシーブで仕掛けた。

前半はわざとノータッチエースを食らい、勝負所でブレイク、ポイントが来たら、”仕掛けた罠”にサーブをさせ、相手に気づかれない様、地道にポイントをかせぎ、数少ないチャンスを、その日のテクニカル&フィジカルコンディションでモノにした、秘策と診ました。

小浦

小浦猛志に質問がある方は、お問い合せフォームよりお気軽にご質問下さい。

今回のように、質問に答えさせて頂きます。

みなさまのアプローチをお待ちしております。

PR

関連記事

no image

左と右の脳ミソ

師走、5月頃から書き始めたこのシリーズ、筆不精の私が良く毎週書けたものも沢山の方々が見て頂いたお陰と

記事を読む

私のブログにアプローチ頂いている皆様へ

さぼってばかりですいません。ローランギャロ、レッドクレーは男女共、波乱が相次ぐ中、終わってみれば、ビ

記事を読む

no image

新潟日報に掲載されました

小浦猛志、山本修嗣さんに質問がある方は、お問い合せ フォームよりお気軽にご質問下さい。山本修嗣さんの

記事を読む

no image

ゴールデンエイジの能力

v\:* {behavior:url(#default#VML);} o\:* {behavio

記事を読む

no image

デュースコート&アドコート

試合の考え方、人それぞれではあるが、ワンマッチを如何に充実した内容にするか。試合の考え方には、事前と

記事を読む

no image

眼に宿されし力

今日、人類がここまで文明を築けたのは脳の発達のおかげであると断定できます。   そして、偉

記事を読む

no image

2011年スタート!

みなさま、明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いします。   さて、2011年のスタート

記事を読む

no image

肩甲骨を開く

先日、大阪府高体連の強化練習会に小浦先生と参戦しました。       実は地元

記事を読む

no image

佐賀発 ホット宅急便 グラスホパー全国ジュニアテニス

皆さん、グラスホパーってどんな意味かご存知ですか?そうです。バッタ 夏の虫です。それにしても、暑っい

記事を読む

no image

明けましておめでとうございます

2013オーストラリアオープンが間もなく開幕。男女共、大混戦の南半球の戦い。私は今年も、ミラクルレデ

記事を読む

PR

PR

小浦猛志の書籍について

このたび、小浦猛志が「華麗なる 技千変万化の術 第一部」という本を出版

【満員御礼】小浦塾 宮崎シーガイア サマージュニア キャンプ 2018

お陰様で定員に達したため受付を終了いたしました。 コーチのみはま

小浦塾 宮崎 シーガイア ウインタージュニア キャンプ 2017

小浦塾 宮崎 シーガイア ウインタージュニア キャンプ 2017

【受付終了】小浦塾 宮崎シーガイア サマージュニア キャンプ 2017

定員に達したため受付を終了いたしました。   名

小浦塾 宮崎シーガイア ウインタージュニア キャンプ 2016【満員】

定員に達したため、現在受付はしておりません。 コーチのみの参加はまだ

→もっと見る

PAGE TOP ↑