*

矢状面における機能

公開日: : 未分類

矢状面での動きと機能を考えます。

 

この面での動作は、前方又は前後に歩く・走るなど人間の基本的な動作が主になります。スキップ動作もこの面です。

  

当然、体の中の機能は肩甲骨-骨盤リズムです。今回これを矢状面型】肩甲骨―骨盤リズムと命名します。(自分語ですね)

  

この面での動きと機能を修得するにはラダー・マイクロハードルが最適です。

  

この種目、ついつい足の動きに眼がいきがちですが腕のスイング(肩甲骨)が使えているかがポイントです。腕(肩甲骨)を振らずに歩いている動作が明らかに不自然な様に、この種目でも腕が動かないのは不自然であり、機能的ではありません。トレーニングではこのポイントを意識して指導しています。

  

  

  

y058.JPG

小学2年の駿くん(ロイヤルヒル’81テニスクラブ)写真当時は1年生。

   

  

 

y056.gif

【フロントスキップ】

一応、肩甲骨と骨盤は連動しています。肩甲骨が動けば肘が大きくスイングされます。

 

 

y055.gif

 

【フロントラン】

う~ん。。。最終的なバランス・リズム・タイミングを調整していくのはこれからですね。

  

 

 

y057.JPG

 

マイクロハードルの種目をラダーで使ってもポイントは同じです。

  

まずはこの面と機能、【矢状面型】肩甲骨―骨盤リズムを身につけないと前額面と水平面の動きへと繋がっていかないのでは?最近、多くの現場で様々な年齢の選手たちを指導していてそんな事を感じています。

  

自分自身のステップアップへの知恵絞りは、選手たちが教えてくれる。まだまだ【機能】とは奥が深いようです。 

  

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

小浦猛志氏、山本修嗣に質問がある方は、icon:mailお問い合せフォームよりお気軽にご質問下さい。

みなさまのアプローチをお待ちしております。

小浦猛志 オフィシャルサイト
http://www.koura-takeshi.com/

 

 

PR

関連記事

no image

後1日

宮崎シーガイア ジュニアキャンプにご参加頂きましたコーチの皆様アッという間の6泊7日下は10才〜14

記事を読む

no image

グラスホパー全国ジュニアテニスin佐賀

 先週になりますが、グラスホパー全国ジュニアテニスin佐賀に講師として参加させていただき

記事を読む

no image

減速局面 ~ブロック動作~

前回からの続きになります。     まずはおさらいです。 片脚パワーポジションで姿勢を作り、地

記事を読む

no image

今年最後のセミナーで会おう!

師走、アジア大会も終了。後 少しで今年も暮れます。皆さんにまた皆さんを信頼してくれるスクール生、ジュ

記事を読む

サマージュニア キャンプ 2015 募集終了

宮崎シーガイア サマージュニア キャンプ 2015は、募集が定員に達しましたので、募集を締め切らせて

記事を読む

no image

北の大地旭川から

今年で16年、Play&Stay親子教室旭川市教委、体協 テニス協会ジュニア部共催が100人

記事を読む

宮崎キャンプ合宿内容

技の基本 呼吸の基の重要性 バランス 重心を知る ゴルフボール おデコシール貼る ・両足

記事を読む

no image

インパクト(衝撃の一瞬、時間は千分の3~7秒らしい)。

インパクト(衝撃の一瞬、時間は千分の3~7秒らしい)。その時、アナタの体が動いたら衝撃に耐えれますか

記事を読む

no image

試合の見方、考え方

私のブログが始まったのは、標題の質問を頂いてからです。以前にこんな事を書きました。ミルという字は幾つ

記事を読む

no image

韓国講習会

11月末、和歌山で六年後に開催される和歌山テニスフォーラムに参加し、翌日、五年振りに韓国遠征。寒いと

記事を読む

PR

PR

no image
質問へのご回答(1)

【ご質問内容】 小浦先生の華麗なる技を購入し拝読させて頂きまし

小浦塾 宮崎シーガイア ウインタージュニア キャンプ 2018(9/24更新)

9/24 更新 おかげさまで冬の小浦塾定員に達しました。ありがと

お詫びと訂正

出版物につきまして、下記の訂正がございます。ご迷惑をおかけいたしました

小浦猛志の書籍について

このたび、小浦猛志が「華麗なる 技千変万化の術 第一部」という本を出版

【満員御礼】小浦塾 宮崎シーガイア サマージュニア キャンプ 2018

お陰様で定員に達したため受付を終了いたしました。 コーチのみはま

→もっと見る

PAGE TOP ↑