*

私のブログにアプローチ頂いている皆様へ

公開日: : 未分類

さぼってばかりですいません。ローランギャロ、レッドクレーは男女共、波乱が相次ぐ中、終わってみれば、ビッグネームの男女が勝利!男女決勝は、みごたえのある熱戦。特にハレプは、凄かったですね。

体格の大小を問わず、人間の機能フル回転、フル発揮しなかったら、又ランキングが上がれば上がる程、体調維持「コンディショニング」のテクニック、最重要課題、次はウインブルドン。土から芝生。地上戦から空中戦。後陣から前陣速巧線。ナダルの腰は、回復するでしょうか。

 

私は4月末から5月中旬まで、恒例の女子サーキットを転々としてグランドスラム目前の100位後半から若手の戦いを観て来ましたが、どの選手もこのクラスは間違いなくグランドスラムに出場出来る技を持っています。

ここで2つのポイントを上げると、1つは前述の「コンディショニング」と、「身体機能」、事前、事後のストレッチやアフターケアが若手は綿密、繊細性に欠ける。何日も続ける忍耐に欠ける。勝ったときは、いい結果の中にいて楽しいから疲労という悪魔の近づきに気づかず、負けるとたいしたケアもせず、次への移動。「何週かのどこかで幸運を探して宝探しのツアー」。長年のコーチ経験で言うと、「何をかまけてる」と怒りが出てしまう。

 

もう一つは、身体機能と能力の中で空間認識、この言葉は奥が深い。「ボールが何処、相手が何処、自分が何処」状態判断の基本は、この機能力。

今、テニス界、ジュニアはシーズン真っ盛り。試合で何を一番経験する、させるか。スピードや環境なんてジュニアはすぐ慣れる。でも、この動物的嗅覚を徹底して見極める事が、本人もコーチも重要。

一例をあげると、ジュニアキャンプを張り、準備のストレッチやトレーニング等を教えると団子状態で手足のびない状態。

トレーニングやれば横とぶつかる状態で動く。フルストレッチ、フルスピードで動けない状態を平気でやるジュニアに空間認識は身につかない。こんな事を思う中に一大事が控えている。夏に向け、シーズンは盛り上がる。忘れ物しない様に、気が付けばスグ改善。

頑張ろう。

8月末の宮崎キャンプ、面白い内容です。

 

PR

関連記事

no image

質問へのご回答(1)

【ご質問内容】 小浦先生の華麗なる技を購入し拝読させて頂きました。 よろしくお願いします。私

記事を読む

no image

現状打破

v\:* {behavior:url(#default#VML);} o\:* {behavio

記事を読む

no image

靴の裏

現在クルム伊達選手のトレーニングキャンプに帯同中です。   今週は水平面に対する-・・・といきたい所

記事を読む

no image

全豪オープン真っ盛り

全豪オープン真っ盛り。南半球から選手の強烈な戦いが電波をふるわせます。さて、今回は専門的に書いてみま

記事を読む

no image

コートサイズ

1887 ウインブルドン 芝1881 全米オープン 芝 ハード1905 全豪オープン 芝 ハード19

記事を読む

no image

2012年 明けましておめでとうございます。

2012年 明けましておめでとうございます。昨年は、新燃岳火山噴火、北陸大豪雪、東日本大震災と原発災

記事を読む

no image

鎧を纏う

Normal 0 0 2 false false false EN-US JA X-N

記事を読む

no image

Twitter始めました!

Normal 0 0 2 false false false EN-US JA X-N

記事を読む

no image

バックハンドの練習方法

さて、前回報告しました様に、9〜10月中旬は文字通り伊達騒動でした。強い秘訣はどんな状況でも「1%も

記事を読む

no image

北の大地旭川から

今年で16年、Play&Stay親子教室旭川市教委、体協 テニス協会ジュニア部共催が100人

記事を読む

PR

PR

no image
質問へのご回答(1)

【ご質問内容】 小浦先生の華麗なる技を購入し拝読させて頂きまし

小浦塾 宮崎シーガイア ウインタージュニア キャンプ 2018(9/24更新)

9/24 更新 おかげさまで冬の小浦塾定員に達しました。ありがと

お詫びと訂正

出版物につきまして、下記の訂正がございます。ご迷惑をおかけいたしました

小浦猛志の書籍について

このたび、小浦猛志が「華麗なる 技千変万化の術 第一部」という本を出版

【満員御礼】小浦塾 宮崎シーガイア サマージュニア キャンプ 2018

お陰様で定員に達したため受付を終了いたしました。 コーチのみはま

→もっと見る

PAGE TOP ↑