*

開幕を目前にフットワークを身につけよう

極寒豪雪地のジュニアキャンプ、指導講習会を点々としてあっと言う間に1月が終り、全豪オープンもジョコビッチ、クライシュテルスの2人がチャンピオンの座につき、春のシーズンを目前に、これらチャンピオンに加え中国のリーナーや活躍した選手が話題となるでしょう。

でも、彼等の打ち方やフォームはいくら真似ても出来ないと思います。

彼等の共通点は、そこに行くまでの動き、姿勢(パワーポジション or 構え)第一歩の動き出し、打点到達時のフットワーク、超加速のインパクト、その後の切返し、姿勢、加速、減速、切返し迄のタイミングの良いステップワーク、リズミカルな動き、くずれないバランス、フットワークは全員共通の技を持っています。

肩甲骨×骨盤リズムとアキレス腱反射がスピードのテクニックを支えています。フットワークが全ての技を支えています。

各地の講習会で同じ事を繰り返し繰り返し伝達していますが、最近になってやっと「解った」と言ってくれている地域からは、全日本ジュニアのTopクラスに選手を送り出してくれています。
私の言っている事は難しいと思っていたが、解ってみるとシンプルでやりやすいとホッとする様な言葉を頂きました。以前も、こんな事を書きました。

ゴルフでは、「パット イズ マネー」らしい、私は昔からテニスは「フットワーク イズ マネー」と伊達、浅越を始め沢山の選手に言って来ました。

身体の先端部は、超高速のブラックボックス。ここでとっつかまると泥沼に入ります。
コーチの皆様、ジュニア選手達、明日の光をつかみたければ、第一歩から打つ迄のフットワークと切返しバランスを研究し、身につけよう。そして、世界中のコートを駆け巡ろう。


小浦猛志、山本修嗣さんに質問がある方は、icon:mailお問い合せ
フォーム
よりお気軽にご質問下さい。

みなさまのアプローチをお待ちしております。

小浦猛志 オフィシャルサイト
http://www.koura-takeshi.com/

PR

関連記事

no image

いよいよ明日からFedCup

いよいよ明日からFedCup、皆さん日本チームの応援宜しくお願いしま~す。有明コロシアムで待ってます

記事を読む

no image

皆さんに質問

東北、関東大震災、被災地の皆様に心よりお見舞い申し上げます。頑張って下さい。クルム伊達選手が義援金を

記事を読む

no image

フェドカップ

寒い日が続きますが、元気でテニスを楽しんでおられる事と存じます。ご存知の通り、2月4・5日フェドカッ

記事を読む

no image

クルム伊達公子100位の壁に挑む、5週間のツアー

昨年と比較し一段とたくましくなったが、W.T.Aと少しのI.T.Fツアーをベースに、グランドスラム4

記事を読む

no image

ジュニアの参加について

15歳以下の参加希望ジュニアがおられましたら、12月21日に現地集合(宮崎空港出迎え)12月22日か

記事を読む

宮崎シーガイア ジュニアキャンプ

8月24日〜30日 宮崎シーガイアに男女20人の子供達が参加。 12歳6人、11歳4人、10歳9人

記事を読む

no image

コートサーフェイス

テニスというスポーツは、芝生の上で誕生したらしい。それが聖地ウインブルドンが天然芝コート。またUSオ

記事を読む

no image

現状打破

v\:* {behavior:url(#default#VML);} o\:* {behavio

記事を読む

no image

キッズテニス in Miyazaki Seagaia

キッズテニスin Miyazaki  Seagaia始めてラケット握った子供達、楽しそうだ

記事を読む

no image

ご質問への回答

ご質問内容よく「シングルス戦術」というようなタイトルで戦術本がありますがパターンが羅列しているだけで

記事を読む

PR

PR

小浦塾 宮崎シーガイア サマージュニア キャンプ 2017

名称  :小浦塾 宮崎シーガイア サマージュニア キャンプ 場所  

小浦塾 宮崎シーガイア ウインタージュニア キャンプ 2016【満員】

定員に達したため、現在受付はしておりません。 コーチのみの参加はまだ

小浦塾 宮崎シーガイア サマージュニア キャンプ2016

名称:小浦塾 宮崎シーガイア サマージュニア キャンプ 場所:シーガ

小浦塾 ウインターキャンプ 2015【キャンセル待ち】

現在、定員に達したためキャンセル待ちとなっております。 キャンプ

サマージュニア キャンプ 2015 募集終了

宮崎シーガイア サマージュニア キャンプ 2015は、募集が定員に達し

→もっと見る

PAGE TOP ↑