*

パワーポジション ~スプリットステップの目的~

公開日: : 未分類

 

9月も厳しい残暑と予想される中、ジュニア選手たちは合宿シーズンに突入です。充実した練習、トレーニングの積み重ねを!

今月からJTAによるナショナルメソッド地域伝達講習会が始ります。僕は9月下旬に東北地域担当になります。今から楽しみです。

 

さて、今回のテーマはパワーポジションです。

パワーポジションとはスポーツにおける最も安定した(している)姿勢と自分の中では解釈しています。

競技によってパワーポジションの形態は様々ですが、大まかには股関節・膝関節・足関節の3つの関節が屈曲している状態です。

y023.JPG

競技によって異なりますが、テニスの場合は関節が浅い角度になります。

前後左右上下どこにでも動き出せる、オールマイティーなパワーポジションと言えます。

そして、パワーポジションと切り離せないのがスプリットステップ。

スプリットステップは、パワーポジションで地面に強く自分の体重を伝える動作だと思っています。

006.gif

地面へ瞬間的に強くプレスをかけることにより地面から反発をもらい、次の局面へ素早く切り替える事が出来る。空中ですでにパワーポジションがとれているかもポイントです。

スピードを連続的に要求されるテニスには必要不可欠な動作でしょう。

 

パワーポジションは競技・年齢に関係なく、アプローチして強化していきます。

 

y025.JPG

低年齢から徹底的に!

y024.JPG

スポーツの基本は姿勢から!(これはバレーボール選手たち)

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

小浦猛志氏、山本修嗣に質問がある方は、icon:mailお問い合せフォームよりお気軽にご質問下さい。

みなさまのアプローチをお待ちしております。

小浦猛志 オフィシャルサイト
http://www.koura-takeshi.com/

PR

関連記事

no image

プレゼント応募 終了しました

多くのプレゼント応募をありがとうございました。先生に抽選して頂き、商品を発送させて頂きます。楽しみに

記事を読む

no image

長年の経験から

今年もまた岐阜、福岡、久留米の国際女子オープン50,000ドルを視察して来ました。第一週は、若手の石

記事を読む

no image

加速局面 ~トリプルエクステンション~

先週の片脚パワーポジションから、次の運動局面へと繋がっていきます。   片脚パワーポジショ

記事を読む

no image

フェドカップ”コートのベンチで危険なデート”

皆さん、フェドカップをご存知ですか。男子のデ杯、女子のフェドカップは、ナショナルチーム国別対抗戦です

記事を読む

no image

スピードとインパクト

スポーツの世界で「より速く、より強く、より正確に」はいつの時代でも、何歳になっても誰もが一番手にした

記事を読む

no image

北の大地旭川から

今年で16年、Play&Stay親子教室旭川市教委、体協 テニス協会ジュニア部共催が100人

記事を読む

私のブログにアプローチ頂いている皆様へ

さぼってばかりですいません。ローランギャロ、レッドクレーは男女共、波乱が相次ぐ中、終わってみれば、ビ

記事を読む

no image

青空

青空、紺碧の海、浅地、紺地の我が国ウチナーとうたわれる沖縄。例年、北の大地がテニスツアーの始まりでし

記事を読む

no image

クルム伊達公子100位の壁に挑む、5週間のツアー

昨年と比較し一段とたくましくなったが、W.T.Aと少しのI.T.Fツアーをベースに、グランドスラム4

記事を読む

no image

全日本ジュニア完結

Normal 0 0 2 false false false EN-US JA X-N

記事を読む

PR

PR

小浦塾 宮崎シーガイア サマージュニア キャンプ 2017

名称  :小浦塾 宮崎シーガイア サマージュニア キャンプ 場所  

小浦塾 宮崎シーガイア ウインタージュニア キャンプ 2016【満員】

定員に達したため、現在受付はしておりません。 コーチのみの参加はまだ

小浦塾 宮崎シーガイア サマージュニア キャンプ2016

名称:小浦塾 宮崎シーガイア サマージュニア キャンプ 場所:シーガ

小浦塾 ウインターキャンプ 2015【キャンセル待ち】

現在、定員に達したためキャンセル待ちとなっております。 キャンプ

サマージュニア キャンプ 2015 募集終了

宮崎シーガイア サマージュニア キャンプ 2015は、募集が定員に達し

→もっと見る

PAGE TOP ↑