*

試合の見方、考え方

私のブログが始まったのは、標題の質問を頂いてからです。
以前にこんな事を書きました。

ミルという字は幾つ有るだろう。 “見る、視る、観る、診る、看る” 色々な書き方がある様です。私が勉強した眼の先生、田村氏は”現場視力”と言う事を力説されました。

スポーツの現場で眼は、何を選手や指導者にくれるのか?有り過ぎて答えに困りました。
でも、田村先生はたった一言、 “時間をくれる”
実に的を得た明解!! 目が覚めました。

将来有るジュニア達に機会が有る毎に、上のレベルの試合を観戦、見学させる事は、超重要なコーチ
の指導方法です。15歳位迄に、試合を見る能力の高いジュニアは、脳神経と視覚の回路が発達し、練習への姿勢が変わり、ボールと戦い、試合の展開を読み、心身の一致する “ゲームの達人” と成長します。

複雑奇怪なコンピュータを上まわる人体機能、コーディネーションは、五感×五体の開発、試合の現場と練習の現場の最大の違いは何か。

“0.1秒の明と暗、緊急事態、エマージェンシー” です。

やり直しの無い一場面、一瞬を見せ気配を感じさせ、練習に持ち込む逆転の発想を指導者、コーチが持つ事により、スランプ、目標の壁が破れます。

指導、教えるのには限界がありますが、教わるに限界なし。年中どこかで試合の有るニッポンテニス。子供達が沢山、試合現場に足を運び、指導者、コーチがその子供達に”試合の観、見、診、視、看、戦法術を伝え、ホームに帰りそのままのメンタル、姿勢で練習に取り組めば、練習コートは本物の試合と同じ戦場に変わるでしょう。

ジュニア期だけでなく、一般愛好家も同様です。身体能力の開発だけがコーディネーションじゃないです。

視覚と機能を直結した、複合トレーニングが成長期の最大課題です。一般社会でも、又”ゲームの達人”と言う本が再販されました。

テニス界のゲームの達人は “現場視力” の開発を試合から学び取らせましょう。

次回からは、私のテニス観を思いつくままお伝えします。



小浦猛志、山本修嗣さんに質問がある方は、icon:mailお問い合せ
フォーム
よりお気軽にご質問下さい。

みなさまのアプローチをお待ちしております。

小浦猛志 オフィシャルサイト
http://www.koura-takeshi.com/

PR

関連記事

no image

0.1秒の世界

Normal 0 0 2 false false false EN-US JA X-N

記事を読む

no image

石川県の旅2011

小浦先生との週末の石川県への旅はスリリング。   電車・高速道路・飛行機の交通機関が全て機能しなくな

記事を読む

no image

ダブルスの戦術

昨年末、私のブログを管理してくれている「井上君」がシルバーコーチのボケ防止等で再度「小浦猛志に聞きた

記事を読む

no image

試合 戦場への取組方Ⅰ

"練習は試合の如く、試合は練習の如く"。当り前の事が中々出来ない。だから、量で練習を作ろう。※ 日頃

記事を読む

no image

2011年

あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。 ご質問を頂きました。&nbs

記事を読む

no image

和寒 塩狩峠

皆さんコンニチワ!グランドスラム全豪オープンは、第二週を迎え、錦織、森田が大活躍。スーパーレディーク

記事を読む

no image

皆さんに質問

東北、関東大震災、被災地の皆様に心よりお見舞い申し上げます。頑張って下さい。クルム伊達選手が義援金を

記事を読む

no image

人体機能① ~肩甲骨と骨盤の関係~

  本日より、2010年全日本ジュニア開幕!   選手たちの積極的なプレーを期待

記事を読む

no image

冬場のトレーニング

v\:* {behavior:url(#default#VML);} o\:* {behavio

記事を読む

no image

ダブルス練習の留意点

ご質問を頂きました。【質問内容】週末プレーヤーで週に1度の練習(スクールで1時間半)の確保がやっとの

記事を読む

PR

PR

小浦猛志の書籍について

このたび、小浦猛志が「華麗なる 技千変万化の術 第一部」という本を出版

【満員御礼】小浦塾 宮崎シーガイア サマージュニア キャンプ 2018

お陰様で定員に達したため受付を終了いたしました。 コーチのみはま

小浦塾 宮崎 シーガイア ウインタージュニア キャンプ 2017

小浦塾 宮崎 シーガイア ウインタージュニア キャンプ 2017

【受付終了】小浦塾 宮崎シーガイア サマージュニア キャンプ 2017

定員に達したため受付を終了いたしました。   名

小浦塾 宮崎シーガイア ウインタージュニア キャンプ 2016【満員】

定員に達したため、現在受付はしておりません。 コーチのみの参加はまだ

→もっと見る

PAGE TOP ↑