*

バックハンドの練習方法

さて、前回報告しました様に、9〜10月中旬は文字通り伊達騒動でした。

強い秘訣はどんな状況でも「1%もあきらめない」。
東京・大阪の試合会場で観戦された方々は、ピリピリする緊張感がコート上だけでなく、観客席をも包み、蝶のように舞い蜂の様に刺す華麗なプレーに魅せられた事と思います。生の戦場から学ぶのとTVで観戦する差は、言葉に表現できません。

試合の観戦については、随分書きました。機会が有れば試合会場に足を運んで下さい。クルム伊達選手の事は、又報告します。

暑かった夏も終わり、今年もあと2ヶ月。熱中すると光陰矢の如く「年中夢球」(福井烈氏の言葉です。)でテニスに夢中の皆さん、今回はバックハンドの練習方法に効果的な方法をお伝えします。

ご存知の様に、二つの打ち方ワンハンドと両手打ち、この2つは基本的に体の使い方は全く変わりません。両手打ちの方は、ワンハンドも使えたら最高です。

一般的にフォアと比較すると、パンチ力とラケットコントロールに難がある人が多いですが、まずパンチ力のつけ方ですが、両手打ちの人は両手でグリップを握ったら、下に来る手を放し上のグリップはそのままで、左手(右利き)右手(左利きの人)の片方で、8〜10球打って下さい。

利腕ではないので、ボールがどこに飛ぶか不安でしょう。ラケットも思う様にコントロールできないもどかしさはあっても、体を使ってどんどん打つ事。
決して当てよう、コートに入れようじゃ禁物。空振りしようがホームランになろうがおかまいなしに8〜10球、少し足も動かし打つ事に集中する事。

約10球打ったら、両手で5球打ってみてください。

打球感覚、ラケットスイングのスピード感、力感の違いが必ずわかるハズです。
10〜15分で激変します。身体の力感の変化に気づき有り。

これはクルム伊達選手が子供の頃にコーチから指導されました。
時々、彼女は試合にバックのランニングショートでやっととどいたボールを、左手だけで返球します。彼女のバックハンドの素晴らしい秘密はたったこれだけです。

次にパンチ力、ワンハンドの人は特に大事です。
フォームはOKでもボールが強く飛ばない人、トップスピン、アンダースピンがしっかりかからない人は、この練習でOKです。

それは、テイクバックからインパクトまでしっかりスイングし、ボールがラケットに当った瞬間全ての動きを止める急ブレーキをかけ、インパクト ポーズ バランスを保つ事。加速〜減速〜切返し、これはテイクバック、インパクト、フィニッシュです。

インパクトは、瞬間(ボールがラケットに当ってる瞬間は、3/1000〜7/1000秒らしい)こんなタイミングで、スイングを停止させるのがテクニックです。
この練習はかなりの体力を使います。決して沢山やらない様、お腹の中に呼吸に反応する筋があるのでしっかり呼吸と連動する事(気合でしよう)

素振りで3回、球打ち3回位が一般的には適度な数です。10回も続けない事。バランスが、タイミングが、リズムが悪いと体に負担がかかります。又、バランスが、姿勢が悪いと呼吸と連動しません。多くの選手がコート上でハーッ、ホーッと声を出しているのがその事です。シャラポワはうるさいですね(笑)
シーズン オフにしっかり練習して下さい。

このパンチ力向上練習は全てのショットに有効です。決して沢山やらない様に。



小浦猛志、山本修嗣さんに質問がある方は、icon:mailお問い合せ
フォーム
よりお気軽にご質問下さい。

みなさまのアプローチをお待ちしております。

小浦猛志 オフィシャルサイト
http://www.koura-takeshi.com/

PR

関連記事

no image

トレーナーという職業 ~他競技からテニス界へ~

皆さま初めまして、山本修嗣と申します。     現在トレーナー(ストレングス&コ

記事を読む

no image

瞬発力の定義3

Normal 0 0 2 false false false EN-US JA X-N

記事を読む

no image

レシーブ2

皆さん、1時間位根気よくレシーブ練習が出来ましたか。たった一球のリシーブ練習は、長くやると根気が抜け

記事を読む

no image

スピードとインパクト

スポーツの世界で「より速く、より強く、より正確に」はいつの時代でも、何歳になっても誰もが一番手にした

記事を読む

no image

日常の動作とテニス

前回は、「眼と体の協応性」ラッシュアワーの通勤時、人混みの中をうねる様に早足で空間をみつけ歩いたり、

記事を読む

no image

眼と首の関係② ~眼球運動~

各関節の機能性です。     □で青色の部分が安定性、○で黄色の部分が可動性となり、首

記事を読む

no image

私流テニス戦術分析

テニスでは、よくこんな言葉が有ります。基本練習、応用練習、パターン練習、練習試合等々、何故こんなに区

記事を読む

no image

今年最後のセミナーで会おう!

師走、アジア大会も終了。後 少しで今年も暮れます。皆さんにまた皆さんを信頼してくれるスクール生、ジュ

記事を読む

no image

ボレーの技

今日は、ボレーの技をお伝えします。ストロークとボレーは基本的に、体の機能動きは同じです。私のDVD「

記事を読む

no image

ご質問にお答えします

Q:ご質問を受けました。宮崎での基調講演たいへん感銘を受けました。さて、お話の中での「トレーニング前

記事を読む

PR

PR

小浦塾 宮崎シーガイア ウインタージュニア キャンプ 2018(9/24更新)

9/24 更新 おかげさまで冬の小浦塾定員に達しました。ありがと

お詫びと訂正

出版物につきまして、下記の訂正がございます。ご迷惑をおかけいたしました

小浦猛志の書籍について

このたび、小浦猛志が「華麗なる 技千変万化の術 第一部」という本を出版

【満員御礼】小浦塾 宮崎シーガイア サマージュニア キャンプ 2018

お陰様で定員に達したため受付を終了いたしました。 コーチのみはま

小浦塾 宮崎 シーガイア ウインタージュニア キャンプ 2017

小浦塾 宮崎 シーガイア ウインタージュニア キャンプ 2017

→もっと見る

PAGE TOP ↑