*

青空

公開日: : 未分類 , ,

青空、紺碧の海、浅地、紺地の我が国ウチナーとうたわれる沖縄。
例年、北の大地がテニスツアーの始まりでしたが、午年当たり年の仕事始めは、南の島。ハイビスカスの下、ジュニアが夏姿でボールと戦う姿は、今の時期ここしか見られない。
テニスというスポーツは、ハイパワー、超高速スピードゲーム。
冬場のトレーニングは、寒冷地では危険をともなうでしょう。筋肉は外気温に敏感、入念にストレッチとウォームアップが必要です。要注意。

さて、本題。テニスの伝尊と技を求める私の旅に変わりはないが、近年、日本テニス界の動向は如何なモノか。私の眼は、年のせいか年々辛口になり、批判がちと感じます。でも、あえて言うなれば、こんな事です。

早くからキッズテニス、今はPlay&Stayと民間クラブ、市町協会の努力のおかげでジュニアのテニス人口は、世界でも屈指の人口。でも、その人口の割には、A.T.P W.T.Aで活躍する数は少ない。
又、海外遠征数と低年齢化は増える一方、「経験とポイント取得」の旅は本当に有効なのか。

成績と早熟性の迷走を繰り返しても、身につくモノはない。昨年は、テニス外にソフトテニス、野球等々の現場も歩きましたが、それぞれのスポーツ共に、運動能力が基本と指導者の口癖でした。

では、この2つの言葉はどんなモノなのか、私に言わせれば、「スポーツの基本は運動能力、別々のモノじゃない。コーディネーション = 運動能力じゃないですか!」
しかも、運動能力は後天性。指導者が有能であれば、ジュニアは変わる。情報過多のテニス界。コーチ、選手の皆さん、絶対基本は何かを追求して下さい。

pht1401081.png

pht1401082.png


小浦猛志、山本修嗣さんに質問がある方は、icon:mailお問い合せ
フォーム
よりお気軽にご質問下さい。

山本修嗣さんのTwitterはこちらから
フォローをお願いします。

みなさまのアプローチをお待ちしております。

小浦猛志 オフィシャルサイト
http://www.koura-takeshi.com/

PR

関連記事

no image

さて、ファイナルセット

2シングルス、1ダブルスで争うチームマッチ。全国高校団体戦と同じ。違うのは、単復試合が可能(同じ選手

記事を読む

no image

3つの面と機能

人体を解剖学的に観た時に、3つの面というものが存在します。     矢状面:人体を左右に分ける縦

記事を読む

no image

小浦猛志のテニスレッスン(出演者募集)

小浦先生によるテニスレッスンを開催致します。小浦先生に直接指導して頂けるチャンスですので、皆様のご応

記事を読む

no image

眼と首の関係

先週の続きです。2種類のうちどちらの姿勢の方が、眼球がハマる感覚がありましたか?    感覚としては

記事を読む

no image

量と質の転換期

Normal 0 0 2 false false false EN-US JA X-N

記事を読む

no image

ボレーの技

今日は、ボレーの技をお伝えします。ストロークとボレーは基本的に、体の機能動きは同じです。私のDVD「

記事を読む

no image

ゴールデンエイジの能力

v\:* {behavior:url(#default#VML);} o\:* {behavio

記事を読む

no image

メンタル勝負

Normal 0 0 2 false false false EN-US JA X-N

記事を読む

no image

明けましておめでとうございます

2013オーストラリアオープンが間もなく開幕。男女共、大混戦の南半球の戦い。私は今年も、ミラクルレデ

記事を読む

no image

ハイハイに学ぶ

    姪っ子ちゃん(8ヶ月)です。広島に住んでいる兄夫婦が年末に帰省してい

記事を読む

PR

PR

no image
質問へのご回答(1)

【ご質問内容】 小浦先生の華麗なる技を購入し拝読させて頂きまし

小浦塾 宮崎シーガイア ウインタージュニア キャンプ 2018(9/24更新)

9/24 更新 おかげさまで冬の小浦塾定員に達しました。ありがと

お詫びと訂正

出版物につきまして、下記の訂正がございます。ご迷惑をおかけいたしました

小浦猛志の書籍について

このたび、小浦猛志が「華麗なる 技千変万化の術 第一部」という本を出版

【満員御礼】小浦塾 宮崎シーガイア サマージュニア キャンプ 2018

お陰様で定員に達したため受付を終了いたしました。 コーチのみはま

→もっと見る

PAGE TOP ↑