*

コーチトレーナーから学ぶ

テニスのコーチは、選手という生き物を扱う。
テイクバック、インパクト、フォロースルー、形にとらわれすぎな現場指導。

でも、大事なのは、人体機能という絶対基本型、そして最後には自在に操る秘策秘術の戦術、型、形、自在が大切。

型は絶対守る基本。形は、個性。自在は旅立ち。これが選手と指導者のストーリー。

日ごとコートで仕事に明け暮れるコーチたちは、他競技との接触がない。

ビジネスの世界でも、他業種との交流は盛ん。

トレーナーの存在は、他競技からの情報を得る、クロストレーニング。

傍らにいるトレーナーは、陸上競技はもとより、多岐にわたるスポーツの現場で仕事をしている。

私が始めてあった、椙棟トレーナーは野球、バレー、バドミントン、のトップクラスのトレーナーであった。

バイオメカ二クス、スポーツ生理学をいち早く勉強できたのは、この人のおかげ。

今現在、二人とも年をとり、現場でのデモンストレーションは、限度あり。でも、彼は情報の宝庫。

さて、今回登場の山本修嗣トレーナーは、若干27歳。

元陸上競技100m (10.8の自己記録)。近代トレーニング学を身に着けて現場に登場。

私の目にとまり、一昨年の全日本テニス選手権、準々決勝よりクルム伊達公子選手のトレーナー。

私が選んだ理由は、アラフォー クルム伊達選手に大目標の全日本優勝に必要なのは、スピードという悪魔のごとき繊細な動きを再度身につけようと思った。

年はとっても、テニスはスピード。

これにつきる。

0.1秒の明暗を求める最大の決断だった。

さて、ここからは毎週木曜日に、スピードにかかわる人体機能と運動局面を追求していきます。

■山本修嗣トレーナーへの質問

第一話の質問事項は、陸上競技、元100m他スポーツからテニスをみて、どう思うか。その感想は?

小浦猛志、山本修嗣さんに質問がある方は、icon:mailお問
い合せ
フォーム
よりお気軽にご質問下さい。

みなさまのアプローチをお待ちしております。

小浦猛志 オフィシャルサイト
http://www.koura-takeshi.com/

PR

関連記事

no image

シューズの選択

Normal 0 0 2 false false false EN-US JA X-N

記事を読む

no image

クルム伊達公子100位の壁に挑む、5週間のツアー

昨年と比較し一段とたくましくなったが、W.T.Aと少しのI.T.Fツアーをベースに、グランドスラム4

記事を読む

no image

プレゼント応募 終了しました

多くのプレゼント応募をありがとうございました。先生に抽選して頂き、商品を発送させて頂きます。楽しみに

記事を読む

no image

私流テニス戦術分析

テニスでは、よくこんな言葉が有ります。基本練習、応用練習、パターン練習、練習試合等々、何故こんなに区

記事を読む

no image

後1日

宮崎シーガイア ジュニアキャンプにご参加頂きましたコーチの皆様アッという間の6泊7日下は10才〜14

記事を読む

no image

レシーブ1

さて、今日は「レシーブについて」テニスは、強烈なサーブに始まり、絶妙なレシーブが観客の興奮を高め、緊

記事を読む

no image

再開

Normal 0 0 2 false false false EN-US JA X-N

記事を読む

no image

ダブルスの戦術

昨年末、私のブログを管理してくれている「井上君」がシルバーコーチのボケ防止等で再度「小浦猛志に聞きた

記事を読む

no image

コーチングと観客サービスで大忙しでした。

4月~5月中旬迄、ソフトテニス、車椅子テニス、テニスの合同イベント(ブルボンビーンズドーム)を皮切り

記事を読む

no image

プレゼント応募締め切り1週間前

プレゼントの募集締め切りがあと1週間となりました皆さん、もう応募は済んでいますかせっかくの機会なので

記事を読む

PR

PR

no image
質問へのご回答(1)

【ご質問内容】 小浦先生の華麗なる技を購入し拝読させて頂きまし

小浦塾 宮崎シーガイア ウインタージュニア キャンプ 2018(9/24更新)

9/24 更新 おかげさまで冬の小浦塾定員に達しました。ありがと

お詫びと訂正

出版物につきまして、下記の訂正がございます。ご迷惑をおかけいたしました

小浦猛志の書籍について

このたび、小浦猛志が「華麗なる 技千変万化の術 第一部」という本を出版

【満員御礼】小浦塾 宮崎シーガイア サマージュニア キャンプ 2018

お陰様で定員に達したため受付を終了いたしました。 コーチのみはま

→もっと見る

PAGE TOP ↑