*

「傷・障害」の事

皆さんコンニチワ!

「傷・障害」の事、自問自答されましたか!?

テニススクールを始めた30余年前は、私も一つで考えてましたが、低年齢を指導して、成長痛が技の学習に練習にどんな影響を与えるか、一年で気が付きました。
「成長痛は厄介!!」です。能力も高く、タレント性豊かなジュニア、良い感じで基本が身に付き、将来面白いなと1年半位が過ぎた頃、「カカトがヒザが痛い、コーチ!!」診てもらった結果、「成長痛」

当然ドクターは、「痛い時は無理はダメ」と指示されます。

が、本人は上達する自分の技に酔い練習は休まない。ここで彼等が身につける特別な技は、「痛くない様、プレーする」ゴールデン・エイジは神経回路構築期、両足踏ん張りちゃんと打とうから、痛い方に負担をかけず成長痛をカバー。

その結果、技の絶対基本より、自分流を身につけます。長期の成長痛を克服し、スペシャルスキルを身につけても、後に大変な手直しが待っていますが、改善矯正の辛さは、どのトレーニングにも増して難しい。
過去の結果を取り戻すのは、至難の技。これが一例です。

思い当たるコーチや関係者は、私を含め多々おられるでしょう。目の前の選手に一杯います。期待はきき待つ、忍耐は最大のメンタルタフネスです。
次は、他の傷・障害の考え方を書きます。


小浦猛志、山本修嗣さんに質問がある方は、icon:mailお問い合せ
フォーム
よりお気軽にご質問下さい。

山本修嗣さんのTwitterはこちらから
フォローをお願いします。

みなさまのアプローチをお待ちしております。

小浦猛志 オフィシャルサイト
http://www.koura-takeshi.com/

PR

関連記事

no image

ゴールデンエイジ 第一章

ご質問を頂きました。小浦さんのゴールデンエイジに対するお考えやご意見をお聞きしたい。亀山さん「ゴール

記事を読む

no image

眼使いでモノの見方が変わる

前回は、"観察眼"について述べました。文中、私の自分流造語が続出で、文字が正しくないと指摘があると思

記事を読む

no image

フェドカップ火事場で学ぶ

40年を超えるコーチ経験、国内、海外はもとより個人戦、チーム戦、ジュニアからプロや一般になるまで一環

記事を読む

no image

テニス

変えてはならないモノ変えざるをえないモノ変えるべきモノ1年程前、全くのパソコン音痴の私に、全くのテニ

記事を読む

no image

3つの面と機能

人体を解剖学的に観た時に、3つの面というものが存在します。     矢状面:人体を左右に分ける縦

記事を読む

no image

1%の確立

戦術を語る時、私は色々な事を考えます。シングルスでもダブルスでも、どうしたらその人の実力が発揮出来よ

記事を読む

宮崎シーガイア サマージュニア キャンプ 2015

今年も、小浦塾 宮崎シーガイア サマージュニア キャンプ の募集を開始いたします。 今回から申

記事を読む

no image

試合 戦場への取組方Ⅰ

"練習は試合の如く、試合は練習の如く"。当り前の事が中々出来ない。だから、量で練習を作ろう。※ 日頃

記事を読む

no image

グリップはしっかり握る

日々、暖かくなり自然にコートに足が向くテニスシーズン。私は来週、今年2度目の北海道Jrキャンプで旭川

記事を読む

no image

後1日

宮崎シーガイア ジュニアキャンプにご参加頂きましたコーチの皆様アッという間の6泊7日下は10才〜14

記事を読む

PR

PR

no image
質問へのご回答(1)

【ご質問内容】 小浦先生の華麗なる技を購入し拝読させて頂きまし

小浦塾 宮崎シーガイア ウインタージュニア キャンプ 2018(9/24更新)

9/24 更新 おかげさまで冬の小浦塾定員に達しました。ありがと

お詫びと訂正

出版物につきまして、下記の訂正がございます。ご迷惑をおかけいたしました

小浦猛志の書籍について

このたび、小浦猛志が「華麗なる 技千変万化の術 第一部」という本を出版

【満員御礼】小浦塾 宮崎シーガイア サマージュニア キャンプ 2018

お陰様で定員に達したため受付を終了いたしました。 コーチのみはま

→もっと見る

PAGE TOP ↑