*

テニスコートのキャンパス画版に描く絵は

皆様、ご存知の様に画家が絵を描く画版には、沢山種類がある様です。
デッサン、水彩画、油絵、水墨画、クロッキー(速写)等々、色々な絵を色々な画版(キャンパス)に描きます。

私は、絵の事は全然知識はありませんが、多分、絵を描く手法基本は同じだと思います。

さて、テニスと絵をどんな関係がと思われるでしょう。鉛筆、筆、絵具、墨等で多種のキャンパスには、個性有る絵が有りますが、テニスはラケットで打ったボールが、クロスにストレートに空間に描く軌道は残りませんが、時には目にも止まらぬ一瞬のラケットさばきで
時にはゆるやかに、優雅に狐を描くため息の出る様な筆ならぬ、ラケットさばき、試合の技の妙味を私は教え子にそんな話しをします。

グランドスラム、大舞台のテニスコートのサーフェスと言うキャンパスは、聖地ウインブルドンは天然芝、バウンドは低く超高速、描く絵は、一筆勝負のクロッキー、デッサン、水墨画、書き直しは利かない、速写かな!!

フレンチローランギャロスの赤土(レッドクレー)のキャンパスは、猛烈な個性とボリュームタップリの絵画、トップスピンにアンダースピンに砂が舞うコテコテの油絵の如く、全豪、全米はスローハード、バウンドは高く高速、デッサンの下地にサッと色付けされた水彩画の如く思えます。

五感を閃めかせ五体を駆使した一振りのラケットさばきは、画家の一筆、時には繊細に時には大胆に、時には優雅に個性豊かにプレーヤーが描く球道は息詰る程の迫力とため息が出る五体画と言えるでしょう。

皆様、気が付きましたか。自分は何流何派のタイプのテニス画家、コーチの皆さんは教え子は将来どんなタイプの絵を描くでしょう。ベースライナー、オールラウンド、前陣速攻型?テニスコート戦場のキャンパスは、個性豊かな個展と言えるでしょう。東京はTORAY.J.O 大阪はH.P OPEN
現場は面白い、是非コートで会いましょう。



小浦猛志、山本修嗣さんに質問がある方は、icon:mailお問い合せ
フォーム
よりお気軽にご質問下さい。

みなさまのアプローチをお待ちしております。

小浦猛志 オフィシャルサイト
http://www.koura-takeshi.com/

PR

関連記事

no image

バックハンドの練習方法

さて、前回報告しました様に、9〜10月中旬は文字通り伊達騒動でした。強い秘訣はどんな状況でも「1%も

記事を読む

no image

雑誌に掲載されました

月刊 BIGtomorrow 2013年10月号 No.400に小浦先生が掲載されました。

記事を読む

no image

北から南

10月31日 晴天 伊丹発、眼下に雪をいただく南北アルプスの山並みを眺めながらの空路は快適 行く先は

記事を読む

no image

姪っ子に学ぶ

Normal 0 0 2 false false false EN-US JA X-N

記事を読む

no image

全日本ジュニア完結

Normal 0 0 2 false false false EN-US JA X-N

記事を読む

小浦塾 宮崎シーガイア サマージュニア キャンプ 2017

名称  :小浦塾 宮崎シーガイア サマージュニア キャンプ 場所  :シーガイア テニス アカデミ

記事を読む

冬眠シーズンオフ

この世に生きる人も、あらゆる生物は、この時を一番大切する。 これからクリスマス、お正月と冬休み

記事を読む

no image

ダブルス練習の留意点

ご質問を頂きました。【質問内容】週末プレーヤーで週に1度の練習(スクールで1時間半)の確保がやっとの

記事を読む

no image

学習期間

1月からひたすら講習会・強化練習会・合宿の積み重ねです。       しかし

記事を読む

no image

後1日

宮崎シーガイア ジュニアキャンプにご参加頂きましたコーチの皆様アッという間の6泊7日下は10才〜14

記事を読む

PR

PR

小浦塾 宮崎シーガイア サマージュニア キャンプ 2017

名称  :小浦塾 宮崎シーガイア サマージュニア キャンプ 場所  

小浦塾 宮崎シーガイア ウインタージュニア キャンプ 2016【満員】

定員に達したため、現在受付はしておりません。 コーチのみの参加はまだ

小浦塾 宮崎シーガイア サマージュニア キャンプ2016

名称:小浦塾 宮崎シーガイア サマージュニア キャンプ 場所:シーガ

小浦塾 ウインターキャンプ 2015【キャンセル待ち】

現在、定員に達したためキャンセル待ちとなっております。 キャンプ

サマージュニア キャンプ 2015 募集終了

宮崎シーガイア サマージュニア キャンプ 2015は、募集が定員に達し

→もっと見る

PAGE TOP ↑