*

私流テニス戦術分析

テニスでは、よくこんな言葉が有ります。基本練習、応用練習、パターン練習、練習試合等々、何故こんなに区別するのか理解に苦しみます。

何の為の基本と応用パターンなのか。確かに打てる様になる迄は、フォームやタイミング、リズム、バランス等、学習能力が高まるアノ手、コノ手で初心者に指導しますが、少し打てだしたら基本と戦術ドリルをワンユットに指導し、ゲームに興味を持たせ、相手に考えさせ、ゲーム能力の開発が大切です。

パターン練習にそった練習を積重ね、3年もするとその神経回路が固定化し、テニスはうまいが勝負に勝てない。”練習はクセ、習慣と言う神経回路を構築します。”要注意です。

pht100712.jpg
※PDFでダウンロードできます。「平面的基本」(86kb)

この図を参考に自分流の効果的ドリルを沢山考えて下さい。又、この図を参考に試合の見方をイメージすればハイレベルの試合でも、今迄解決出来なかった試合の展開の気づきが出てきます。

観て、視詰めて、看極める第一歩です。

次は、選手の試合中の考え方を述べます。多分、試合中の選手がコーチや関係者の予測期待に反したショートの理由が解ります。

“結果に入いる”、”ワンゲームが欲しい、ワンセットが欲しい”

“デュースコートに強いが、アドコート、重要ポイントが取れない”

“ボールと戦う か 相手と戦うか”大違いです。

生々しい事が次回に出てきます。考え方は、メンタルタフネス(戦術)と言えます。

試合の見方 考え方

どんなスポーツでも、攻撃と守備のポジション、フォーメーションが有り、平面的基本と立面(空間、時間)的展開が有ります。

テニスでも、クロスストレートのラリー、自陣を押上げるネットプレー、前後にゆさぶるドロップショット、トップスピンロブ、時間をもぎとるライジングショット等、相手の空間のスキを突き、陣形と言うバランスを崩しワンポイント取得につなげる。

チーム競技も1対1の競技でも、攻・守の原則基本は同じです。

さて、ここで言う私流テニスのゲームは、別表の図が平面的基本です。

コート中にクロスの斜線とストレートの点線が有ります。

名付けて“ビックX&Iライン”。テニスのゲームはセンターマークを中心に右サイド(デュースコート)へと交互に進行します。

スタートはクロスが原則です。

センターベルトを中心に左右のXは大きく開いたり(ショートクロス)、センターマークに近づくとXマークが狭くなる事が判ると思います。

ストレートもコート内では真っすぐ直線になりますが、サイドラインの外側で打つと中に入ってくる事になります。

選手がボールにあるいはサーバーの打つ位置により、ポジションが微妙にあるいは、大きく左、右に変わるのはその為です。

ストレートは、絶対ラインとあるのは、最短距離で高速、短時間のショートがくる為、そのラインを読みポジション、守備ライン、攻撃ラインをベースラインの後方にかいています。

この平面プランをベースに長く短く、角度、空間(ロブ)、速さを駆使して展開し、ワンポイント取得に秘術を尽くします。

長い指導経験で感じた、私のテニスゲームの基本分析です。多分、当り前の話しですが、選手や愛好者への伝達は困難です!!

※文中、私の自分流造語が続出で、文字が正しくないと指摘があると思いますが、私流コーチ学で選手に感覚的に伝えていますので、ご理解ください。

小浦猛志に質問がある方は、お問い合せ
フォーム
よりお気軽にご質問下さい。

みなさまのアプローチをお待ちしております。

小浦猛志 オフィシャルサイト
http://www.koura-takeshi.com/

PR

関連記事

no image

新コーナーのお知らせ

月曜日から小浦先生のブログ連載が再開されます。そこで新しい試みとして、小浦先生からブログ読者の皆様へ

記事を読む

no image

神戸新聞に載りました

神戸新聞 2010年11月22日 地元紙 神戸新聞(日本テニス協会 メディア大賞を地元紙で初めて受賞

記事を読む

no image

韓国講習会

11月末、和歌山で六年後に開催される和歌山テニスフォーラムに参加し、翌日、五年振りに韓国遠征。寒いと

記事を読む

no image

眼と首の関係

先週の続きです。2種類のうちどちらの姿勢の方が、眼球がハマる感覚がありましたか?    感覚としては

記事を読む

no image

インパクト(衝撃の一瞬、時間は千分の3~7秒らしい)。

インパクト(衝撃の一瞬、時間は千分の3~7秒らしい)。その時、アナタの体が動いたら衝撃に耐えれますか

記事を読む

no image

試合の見方

試合をミル見る 観る 視る 診る 看る 英語で知ってるのは、See Look Watch &

記事を読む

宮崎シーガイアキャンプ事前の連絡

配布用PDFはこちらからダウンロードしてください。   宮崎シーガイアキャンプ

記事を読む

キャンプご質問への返答

持ち物と日程についてご質問を頂きました (1)ハードコート用の靴は必要でしょうか? 用意

記事を読む

no image

シューズの選択

Normal 0 0 2 false false false EN-US JA X-N

記事を読む

no image

加速局面 ~トリプルエクステンション~

先週の片脚パワーポジションから、次の運動局面へと繋がっていきます。   片脚パワーポジショ

記事を読む

PR

PR

【受付終了】小浦塾 宮崎シーガイア サマージュニア キャンプ 2017

定員に達したため受付を終了いたしました。   名

小浦塾 宮崎シーガイア ウインタージュニア キャンプ 2016【満員】

定員に達したため、現在受付はしておりません。 コーチのみの参加はまだ

小浦塾 宮崎シーガイア サマージュニア キャンプ2016

名称:小浦塾 宮崎シーガイア サマージュニア キャンプ 場所:シーガ

小浦塾 ウインターキャンプ 2015【キャンセル待ち】

現在、定員に達したためキャンセル待ちとなっております。 キャンプ

サマージュニア キャンプ 2015 募集終了

宮崎シーガイア サマージュニア キャンプ 2015は、募集が定員に達し

→もっと見る

PAGE TOP ↑